車買取りと下取りの査定はどこが違う?

車買取とは中古車の買い取り専門業者が行う査定をさします。下取り査定は新車販売を専門に行っているディーラーが行います。

そうすると、双方とも専門に扱う車が新車か中古車かが違うので査定額に違いがでてきます。

買い取りと下取りの査定どちらがお得なのかズバリいうと。

 

車買取のほうが

 

高く売れます。

 

その理由は、買取り専門店は全国の加盟しているデーターベースをもっているから、そのときの相場を把握しているので高い査定額に自信をもって提示してくれます。

しかも、ディーラーの下取りではオプションパーツやオーディオなど車には直接関係ないものに関しては査定額には反映されません。買取り専門店であれば、それらのオプションパーツなども個別に査定して売る側が納得できる価格を提示してくれる場合もあります。(交渉次第で)

下取りよりも絶対お得な一括査定

 

 

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】